金融流れメルセデス・ベンツ500SLの怪

スポンサーリンク

以前、メルセデス・ベンツの500SLに乗っていたことがある。
その頃付き合っていた人がお金持ちで、彼が友人に貸していたお金が返ってきそうになく、その友人も元は金融流れで手に入れたというメルセデスを借金返済の代わりに渡してきたものだった。

金融流れだけにナンバーを変えることができず(ちなみに品川ナンバー)、高級車ではあるが何とも不気味な印象だったのを覚えている。

その頃の私は免許取り立てであったがまだ車を購入する予定がなかったため、とりあえずその車を貸してもらうことになった。
初めてのメルセデスは車体がかなり重く(ドアを開け閉めするのもズシッという感じ)、1Lあたり4kmしか走らない、私にとってかなり非実用的ではあったが、人々の注目を集める高級スポーツカーでもあったため少々気持ちよかった。

しかし借りていた半年間で何度、自損事故を起こしたかわからない。
どれも軽いものだったが、高級車のため部品が高く修理費用は合計で50万円以上かかった。
原因は私の運転が未熟なこともあったが、『どうしてこんなところでハンドルを切ってしまったんだろう』と後で考えても自分の運転技術だけの問題ではないような気がすることが何度かあった。
しかし何か不吉な因縁があるのではないかと周囲に話すと一笑され、私の運転の未熟さが原因だと誰もが信じて疑わなかった。

そしてある日、彼の知人がその車を買うことになった。
私は、受け渡し場所まで車を届け、晴々とした気持ちで家路についたのだが、後日、彼からその後の話を聞いて背筋が寒くなった。

私が車を届けた後、その知人が運転して家に帰る途中で人身事故を起こしてしまったと言うのだ。
運転歴も長く、普段から大きな車を運転していた知人の自宅から受け渡し場所までは車でわずか5分の距離であった。
あれから約10年、あのメルセデスがどこへ行ってしまったのかは不明だが、もしかするとまだどこかで事故を起こし続けているかもしれない。

いつもありがとうございます。
シングルマザーのブログランキング

コメント

  1. 信じる信じないはアナタ次第ですか?