意外と近くにいたコロナウイルスに愕然①

スポンサーリンク

5月中旬だったか、娘からかかってきた電話を仕事中だったため無視していたら、何度も何度も繰り返しかけてきたので仕方なく出た。

先日、娘が友達Aと食事をしているところにAの友人Bがそこに合流したらしく、そのBがコロナウイルスに感染したことが判明したそう。
それで濃厚接触者となったAが検査中で、もしかすると自分も感染したかも…とのこと。

血の気が引いた。

すぐにでも検査を受けさせたい…でも、濃厚接触者と認定されればすぐに保健所で検査を受けられるが、娘は濃厚接触者の濃厚接触者。
一般の病院は風邪の症状がないと保険適用での検査は受けられない。

とは言っても娘は持病があるし、若干の頭痛など風邪症状がないわけではない…ので、友人の医者に連絡をして、すぐに検査を受けられるよう段取りをした。

その一方で、私も感染している可能性があるため、とりあえず職場で数人にそれを伝えたが、何しろ…

友人B(陽性) > 友人A(検査中) > 娘(これから検査) > 私

という図式なもので、私はどうすべきなのかがわからず、とりあえず娘からの電話を待つしかなかった。

学校にいた娘は、学校関係者から事情聴取(?)を受けて公共交通機関で帰路に着いた。

それからほどなくして、友人Aの陽性が判明。
とうとう娘は濃厚接触者になってしまった。

 

そしてその日の16時ごろ、検査を終えた娘からLINEがきた。

「私、陽性でした。迷惑かけてごめんなさい」

愕然とした。

 

ついに私は濃厚接触者になってしまった。
でも職場の人には怖くて告げられなかった。
私が陽性だった場合、仕事関係の各所に大変な迷惑をかけてしまう。

かけもちしている仕事はどちらも大きな会社のため、コロナ関連の対策室のようなところがあった。

1つは私の席の真向かいの部署で、ホワイトボードに

「○営業所 ○○(名前) 子供の学校でクラスター発生」
「○営業所 ○○(名前) 5月○日 発熱37.5度 自宅待機」

などと日々の状況が綴られており、近々そこに私の名前が追加され、もしも陽性だった場合は、その数百人が働くフロア全体の消毒になるかもしれないと想像すると、恐ろしかった。
感染後に自宅療養していた女性が自殺したというニュースを思い出した。
気持ちがわからないでもない。

でも考えても仕方ない…とりあえず検査をしてから、今後のことを考えよう…そう思って、翌日、朝一で病院へ行き検査をしてもらうことに。

翌朝、病院の駐車場に車を停めて車内で待機。
そこに防護服とフェイスシールドを着けた医者(友人)がやってきた。
コロナの検査方法は2種類あり、1つは保健所と同じ方法で結果は翌日、もう1つは結果が15分で出るが精度は前者より劣る、どちらの方法がいいかと聞くので、「15分!」と答えた。

インフルエンザの検査と同じような長い綿棒を鼻に突っ込んで、綿棒が十分湿ったことを確認して終了。
以前受けたインフルの検査がトラウマになっていて、ひどい痛みを伴うものだと思っていたが、全く痛くなかったので拍子抜けした。
綿棒の種類によって痛みが違うらしい。

検査が終わると、私はそのまま車内で結果を待つことになった。

いつもありがとうございます。
シングルマザーのブログランキング
スポンサーリンク
MotherLeaf*

コメント